メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桂紅雀

「古典、もっと熱く演じたい」 23日、大阪・淀屋橋で独演会 「天神山」など3席

桂紅雀=大阪市北区で、山田夢留撮影

 桂紅雀が23日、大阪・淀屋橋の朝日生命ホールで独演会を開く。故・桂枝雀の最後の弟子。師匠の高座の中でも「これがやれたら芸人冥利に尽きる」と感動した1席という「天神山」など、3席を披露する。

 「天神山」には長屋に住む2人の男、「へんちきの源助」と「胴乱の安兵衛」が登場する。題名の由来でもある大阪・天王寺の安井神社で、安兵衛が捕らえられた母狐(ぎつね)を助ける場面。枝雀が演じるのを袖で聴いていた紅雀は「情景を説明する言葉は少しなのに、わーっと頭の中に絵が広がりました」。「なんちゅう心地ええ世界や」と感激し、一つの目標に据えてやってきたという。

 一方、「劇画・道具屋」と題した1席は、おなじみの古典落語をリアルな「劇画タッチ」で描くというもの。…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文721文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  2. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  4. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  5. ORICON NEWS 元祖プレイボーイ・火野正平に見る、芸能人モテ男のスマートな“火消し術”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです