メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動くか北方領土

混住時代/下 国のため最後まで残留 水晶島出身・油本繁さん(89) /北海道

ソ連施政下25年間

 ソ連軍が侵攻し、北方四島に暮らしていた約1万7000人の日本人は半数以上が夜陰に紛れて船で島を脱出した。残りは2~3年間にわたって混住を経験し、樺太経由で古里を追われたが、油本(あぶらもと)繁さん(89)=千葉県白子町=一家8人は1951年8月まで歯舞(はぼまい)群島の水晶島に残った。

 連合国軍総司令部(GHQ)とソ連が46年12月、日本人の引き揚げに合意。そのころ、油本さんはサハリ…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文941文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  3. 東京メトロ 男性が切りつけられ負傷 南砂町駅
  4. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見
  5. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]