メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京地裁、ゴーン被告の保釈請求再び却下
技・伝承

尾張七宝 鮮やかで細密な輝き 伝統工芸士、釉薬の配合で独自の色 /愛知

図柄の輪郭を縁取る銀線に触らないように釉薬を針先につけて差し入れる施釉工程。施釉と焼き付けを5回以上繰り返し釉薬を銀線と同じ高さにするという

 愛知県あま市にある七宝焼の体験型総合施設「七宝焼アートヴィレッジ」で、「尾張七宝」の伝統工芸士、林貞仁(さだひと)さん(64)が、色鮮やかで細密な花鳥をあしらった花瓶作りを実演していた。

 仏教の法典にある七つの宝物をちりばめたように美しいことから名付けられたという七宝焼は、銅や銀の素地にガラス質の釉薬(ゆうやく)を焼き付けて作る。尾張七宝は約180年前、尾張藩の梶常吉がオランダ船により輸入された七宝の皿を砕いて研究し、その製法を発見したのが始まりとされている。遠島村(現あま市七宝町)の林庄五郎が常吉に教えを請い、技術を村へ持ち帰った…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  2. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文
  3. 100円カップで150円ラテ 窃盗容疑で62歳男逮捕 常習か 福岡
  4. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  5. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです