メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文庫X

正体明かす 異例の18万部はノンフィクション 岩手から全国へ

企画した長江貴士さん(左)と著者の清水潔さん=盛岡市盛岡駅前通で9日

 ブックカバーで題名や著者を隠して販売し、異例の売れ行きになった1冊の本「文庫X」について、企画した盛岡市の「さわや書店フェザン店」は9日夕、「殺人犯はそこにいる」(新潮文庫)だったと明らかにした。著者のジャーナリスト、清水潔さん(58)も盛岡に駆け付け、「こんな大きなうねりになるとは夢にも思わず、びっくりしている」と驚きを隠さなかった。

 「殺人犯はそこにいる」は1979~96年に栃木、群馬の県境近くの半径10キロ圏内で、4人の幼女が殺…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです