メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大気汚染物質

出産にリスク、「胎盤早期剥離」と関連

 大気汚染物質の一つ、二酸化窒素(NO2)濃度が大幅に上昇すると、出産前に妊婦の胎盤がはがれてしまう「常位胎盤早期剥離」のリスクが高まるとの疫学調査結果を、国立環境研究所(茨城県つくば市)と九州大の研究チームが9日発表した。国際環境疫学会誌に掲載された。

 早期剥離は妊婦の0.6%程度に起こるとされる。最悪の場合、死産とともに母体の生命にもかかわる。チームは、日本産科婦人科学会が匿名で収集している約5万人の妊婦や胎児のデータを利用。2005~10年に九州・沖縄地方の28病院で出産した妊婦のうち、早期剥離と診断された821人を対象に、病院に最も近い測定地点での大気汚染物質濃度との関連を調べた。

 大気汚染物質と心筋梗塞(こうそく)との関連を調べた海外の研究などを踏まえ、汚染物質によって胎盤に影響が出るまでの時間を約1日、発症から出産まで約1日と仮定。出産2日前の日の平均濃度との関係を分析したところ、早期剥離のリスクは、NO2が10ppb(ppbは10億分の1)上昇するごとに1.4倍になるとの結果になった。他の汚染物質では明確な関連はみられなかった。

 実際に妊婦がいた場所と測定地点の濃度に差があるなど、分析の精度には限界もあるという。【大場あい】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猫虐待有罪判決 ネット署名募った杉本彩さん「厳罰化を」
  2. 福井・あわら 橋本市長、既婚女性と公務中に市長室でキス
  3. 今年の漢字 17年は「北」 清水寺で発表
  4. 関東鉄道 踏切立ち往生の男性を元レール・メイトが救出
  5. 中華航空 日本人3人機内で騒ぎ、引き返し

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]