メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

運転延長認可取り消し求め提訴 福井県民

 運転開始から40年経過したものの、原子力規制委員会が最長20年にわたって運転延長を認可した関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)について、福井県の住民3人が9日、国を相手に延長認可の取り消しを求めて名古屋地裁に提訴した。

     同地裁では、同じく運転延長を認可された関西電力高浜原発1、2号機(同県高浜町)の認可取り消しを求める訴訟が既に起こされており、原告側は併合しての審理を求める。

     訴状によると、東京電力福島第1原発事故後の法改正で、原発の運転期間は原則40年に制限されているとして「老朽化が原発事故の原因となりうることを否定できない以上、老朽化対策の要である40年ルールは厳格に運用されなければならない」と主張している。

     名古屋市内で記者会見した北村栄・原告側弁護団長は「延長認可は例外中の例外のはず。裁判で止めなければずるずると進んでしまう」と話した。規制委は「訴状が届いていないのでコメントは差し控える」としている。

     美浜原発3号機は11月、規制委が最長20年の運転延長を認可した。延長が認められたのは高浜原発1、2号機に次いで3基目。

     一方、高浜原発1、2号機の延長認可取り消しを求めた訴訟で、福井県の住民ら9人が9日、名古屋地裁に追加提訴して原告数は計111人になった。【金寿英】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 森友学園 籠池夫妻、栄養士免許を二重に悪用
    2. 松山千春さん ANA機内で熱唱 出発遅れで申し出
    3. 夏の高校野球 広陵・中村が5本目の本塁打、大会最多タイ
    4. 人生相談 30歳上の彼と結婚すべき?=回答者・渡辺えり
    5. 夏の高校野球 中京大中京マネジャー、広陵を応援 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]