メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

真田丸

大河ドラマとは 歴史への向き合い方とは=時代考証・丸島和洋さんに聞く(下)

大坂夏の陣で最後の決戦に臨む真田信繁(堺雅人)。物語も2回を残すのみとなった=NHK提供

 NHK大河ドラマ「真田丸」の時代考証を務めた国文学研究資料館特定研究員の丸島和洋さん(39)のインタビュー3回目。最後は、大河ドラマに初めて携わった日々を振り返り、真田信繁や戦国時代の人々が現代にどんなメッセージを投げ掛けているのかを語ってもらった。【錦織祐一/デジタル報道センター】

「熱量」に押されて引き込まれ

 --「一線」を踏み越えて「真田丸」に引き込まれた「熱量」は何でしたか。

 吉川(邦夫)プロデューサーを通じて来る、三谷(幸喜)さんからの素朴な疑問の山ですね(笑い)。あとは…

この記事は有料記事です。

残り5688文字(全文5931文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  3. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長に逮捕状 詐欺容疑
  4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  5. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長逮捕 詐欺容疑で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]