メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビワマス

取り戻せ 家棟川に産卵床 環境作り成果報告 野洲 /滋賀

ビワマスを家棟川に取り戻す活動を報告したフォーラム=滋賀県野洲市辻町の市民活動支援センターで、村瀬優子撮影

 野洲市内を流れる家棟川で琵琶湖の固有種「ビワマス」が産卵しやすい環境作りを進めている団体が10日、同市辻町の市民活動支援センターで活動の成果を報告し、約120人が耳を傾けた。

 団体は市内で環境学習船を運航しているNPO法人「家棟川流域観光船」や地元自治会、市や県などで構成。昨年8月、琵琶湖に注ぐ家棟川と支流の童子川、中ノ池川にかつて多く見られたビワマスを取り戻すプロジェクトを始めた。

 ビワマスは母川回帰本能を持ち、生まれた川に遡上(そじょう)し、産卵を行う。専門家の調査で産卵に適し…

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1244文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです