メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビワマス

取り戻せ 家棟川に産卵床 環境作り成果報告 野洲 /滋賀

ビワマスを家棟川に取り戻す活動を報告したフォーラム=滋賀県野洲市辻町の市民活動支援センターで、村瀬優子撮影

 野洲市内を流れる家棟川で琵琶湖の固有種「ビワマス」が産卵しやすい環境作りを進めている団体が10日、同市辻町の市民活動支援センターで活動の成果を報告し、約120人が耳を傾けた。

 団体は市内で環境学習船を運航しているNPO法人「家棟川流域観光船」や地元自治会、市や県などで構成。昨年8月、琵琶湖に注ぐ家棟川と支流の童子川、中ノ池川にかつて多く見られたビワマスを取り戻すプロジェクトを始めた。

 ビワマスは母川回帰本能を持ち、生まれた川に遡上(そじょう)し、産卵を行う。専門家の調査で産卵に適し…

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1244文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 大阪府保健所 ゲイカップル宿泊拒否のラブホを行政指導

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです