メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

米国巡り、語るシンガー(その1) 被爆者の思い、継ぐ

沼田鈴子さん(右)の87歳の誕生日にあわせ、歌をプレゼントした中村里美さん(中央)と伊藤茂利さん=2010年7月、中村さん提供

 米ハワイの真珠湾攻撃から75年となる7日朝(日本時間8日未明)、真珠湾の米海軍施設で犠牲者を追悼する式典が開かれていた。インターネットにつないだパソコンから、その様子を伝える声が聞こえてくる。シンガー・ソングライターの中村里美さん(52)=東京都町田市=は深く息をついた。心に浮かんだのは、これまでに出会った原爆被爆者の姿と過去の自分だ。

 「オバマさん(大統領)が呼びかけた『核兵器のない世界』は、被爆者にとって理想論でなく、心の叫びとし…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  5. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです