メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

米国巡り、語るシンガー(その1) 被爆者の思い、継ぐ

沼田鈴子さん(右)の87歳の誕生日にあわせ、歌をプレゼントした中村里美さん(中央)と伊藤茂利さん=2010年7月、中村さん提供

 米ハワイの真珠湾攻撃から75年となる7日朝(日本時間8日未明)、真珠湾の米海軍施設で犠牲者を追悼する式典が開かれていた。インターネットにつないだパソコンから、その様子を伝える声が聞こえてくる。シンガー・ソングライターの中村里美さん(52)=東京都町田市=は深く息をついた。心に浮かんだのは、これまでに出会った原爆被爆者の姿と過去の自分だ。

 「オバマさん(大統領)が呼びかけた『核兵器のない世界』は、被爆者にとって理想論でなく、心の叫びとし…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文740文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. モルディブ 野党連合のソリ氏、大統領に
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 教育の窓 ランドセルが重い 教材置いてっていいですか
  5. 「灯り路」 秋夜に浮かぶ中山道 柔らかな光楽しむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです