メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

米国巡り、語るシンガー(その2止) 加害と被害、立場超え

自宅庭に植えられている被ばくしたアオギリの子孫を見つめる中村里美さん(中央)と、兄柊斗さん(右)、伊藤茂利さん=東京都町田市で

 

 ◆映画「アオギリにたくして」米で上映

原爆の痛み、向き合う

 「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」を翌日に控えた9月25日、シンガー・ソングライターの中村里美さん(52)は東京都内で開かれた集会に立っていた。交流を続ける被爆者の証言を語った後、言葉の意味を一つ一つ確かめるように歌い始めた。「ノー・モア・ウォー ネバー・アゲイン ノー・モア・ヒロシマ、ナガサキ」

 「『核兵器なき世界』への道のりが容易でないことは被爆者の皆さんも分かっておられます。それでも加害や…

この記事は有料記事です。

残り4950文字(全文5183文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです