メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

張競・評 『炸裂志』=閻連科・著

 (河出書房新社・3888円)

メルヘン的な舞台に社会珍現象を活写

 一作ごとに独創的な手法と、大胆な言語実験で読者を驚かせた閻連科(イエンリエンコー)だが、この小説でも意表を突く物語構成と夢幻的な語りで、奇妙な作品世界を紡ぎ出した。

 炸裂(さくれつ)は中国北方のどこにもありそうな村である。この村には朱(チュー)と孔(コン)という、二大家族があり、長年、対立していた。共産党員の朱慶方(チンファン)が村長として村に君臨し、文化大革命中、理不尽な理由で孔家の家長孔東徳(ドンダー)を刑務所にぶち込んだ。

 ある日、死刑になったはずの孔東徳が突如、刑務所から帰ってきた。彼が持ち帰った外の世界の伝聞はやがて…

この記事は有料記事です。

残り1244文字(全文1543文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  2. スリランカで6カ所爆発、129人以上が死亡 教会やホテル標的
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 1.3メートル「都内一低い」ガード下 頭上すれすれ電車が通る
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです