メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

張競・評 『炸裂志』=閻連科・著

 (河出書房新社・3888円)

メルヘン的な舞台に社会珍現象を活写

 一作ごとに独創的な手法と、大胆な言語実験で読者を驚かせた閻連科(イエンリエンコー)だが、この小説でも意表を突く物語構成と夢幻的な語りで、奇妙な作品世界を紡ぎ出した。

 炸裂(さくれつ)は中国北方のどこにもありそうな村である。この村には朱(チュー)と孔(コン)という、二大家族があり、長年、対立していた。共産党員の朱慶方(チンファン)が村長として村に君臨し、文化大革命中、理不尽な理由で孔家の家長孔東徳(ドンダー)を刑務所にぶち込んだ。

 ある日、死刑になったはずの孔東徳が突如、刑務所から帰ってきた。彼が持ち帰った外の世界の伝聞はやがて…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  2. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文
  3. 特集ワイド 国会は「死んだ」のか 議論省略の安倍「全能」政権
  4. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  5. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです