メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なにわ人模様

大阪芸術大教授 若生謙二さん /大阪

動物が集まる丘の前で“ミニ動物園”について語る大阪芸術大の若生謙二教授=堺市で、岡村崇撮影

動物園のデザイナー 学校に“再現”緑のまちへ 若生謙二さん(62)=寝屋川市

 堺市の府立農芸高校の敷地に小高い丘がある。12月初旬の放課後、いつものように動物が集まってきた。ヤギや羊、アルパカ。生い茂った草をむしゃむしゃとはんでいるのを、“動物園デザイナー”であるその人がじっと見入っていた。

 緑をふんだんに取り入れたまちづくりを提唱する。学校側から整備計画の依頼を受け、校内に“ミニ動物園”を再現した。車や自転車が行き交う道路に面した珍スポットに通行人の視線が集まる。「アルパカだーっ」と歓声が上がる。放課後になると動物が集まる丘。「地域に親しまれるような名所になれば」と期待を込める。

 動物園の整備計画に携わってきて、関係者たちに注目されるのは動物の展示手法だ。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文883文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです