メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マリオエリア 20年までに開業

 大阪市此花区のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の運営会社は12日、「マリオ」を中心とした人気キャラクターが登場する任天堂エリアを東京五輪が開催される2020年までに開業すると発表した。投資規模は約500億円。任天堂エリアは日米3カ所のテーマパークで展開されるが、USJが世界で最初のオープンとなる。

     エリアの名称は「SUPER NINTENDO WORLD」(スーパー任天堂ワールド)。具体的な建設場所は明らかにしていないが、敷地内の駐車場や資材置き場などを活用してパークを拡張するという。アトラクションや店舗、レストランからなる複合エリアで、任天堂のゲームの世界観のリアルな再現を目指す。投資額はハリー・ポッターエリアに投資した約450億円を上回る。

     関西大学の宮本勝浩名誉教授は、任天堂エリアのオープンによってUSJが近畿圏にもたらす経済効果は、10年間で約6・2兆円に上ると試算。任天堂エリアはハリー・ポッターエリアの人気を上回ると予測した。【小坂剛志】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 愛媛大 別の教員もセクハラ行為か 学生が苦情
    2. 夏の高校野球 NHKが生中継できず 中村の本塁打瞬間
    3. 夏の高校野球 中京大中京マネジャー、広陵を応援 
    4. 停電 大阪・吹田市などで一時3万4千軒 信号機も消える
    5. 花氷 色とりどり、涼しさひときわ 福岡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]