メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南スーダン

PKO揺らぐ信頼 戦闘避け避難民守れず批判

国連施設の一角にある避難民キャンプ。7月の戦闘ではここでも死傷者が出た=ジュバ市内で2016年12月9日、小泉大士撮影

 【ジュバ小泉大士】日本政府が国連平和維持活動(PKO)における新たな国際貢献の形として意欲を見せてきた「駆け付け警護」などの自衛隊の新任務。初めて実施が可能となった南スーダンではPKO部隊に対する人々の信頼が揺らいでいる。「市民を守るどころか、置き去りにした」。7月の大規模戦闘で20人以上が死亡した避難民キャンプでは、人々を攻撃から守れなかったPKO部隊を批判する言葉が相次いだ。

 首都ジュバ郊外のPKO本部の一角にあるキャンプ。避難民の多くは、反政府勢力のトップ、マシャール前第…

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1079文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 透析中止・夫の手記全文 まさか「死ぬための入院」だなんて…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです