メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南スーダン

PKO揺らぐ信頼 戦闘避け避難民守れず批判

国連施設の一角にある避難民キャンプ。7月の戦闘ではここでも死傷者が出た=ジュバ市内で2016年12月9日、小泉大士撮影

 【ジュバ小泉大士】日本政府が国連平和維持活動(PKO)における新たな国際貢献の形として意欲を見せてきた「駆け付け警護」などの自衛隊の新任務。初めて実施が可能となった南スーダンではPKO部隊に対する人々の信頼が揺らいでいる。「市民を守るどころか、置き去りにした」。7月の大規模戦闘で20人以上が死亡した避難民キャンプでは、人々を攻撃から守れなかったPKO部隊を批判する言葉が相次いだ。

 首都ジュバ郊外のPKO本部の一角にあるキャンプ。避難民の多くは、反政府勢力のトップ、マシャール前第…

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1079文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. ゴーン会長逮捕 閉鎖の工場地元「人情ない人と思ってた」
  5. ゴーン会長逮捕 ホンダ関係者「やったぜ日産」 投稿削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです