メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐藤名人がソフト対戦 叡王戦で連勝

佐藤天彦名人=長谷川直亮撮影

 第2期叡王戦三番勝負の第2局は11日、東京都港区の迎賓館和風別館で指され、佐藤天彦名人(28)が千田翔太五段(22)に97手で勝ち、2連勝で初優勝を飾った。佐藤は来年春の第2期電王戦二番勝負で、将棋ソフト「Ponanza(ポナンザ)」と対戦する。現役タイトル保持者とソフトの対戦は、2007年の渡辺明竜王対Bonanza(渡辺勝ち)以来。

 前期電王戦二番勝負はポナンザが山崎隆之八段(35)に2連勝した。今回は将棋界最強の現役名人がソフトとどう戦うか注目される。佐藤名人は「ソフトは非常に強いという印象を持っている。名人が戦うことで勝負はもちろんだが、何か面白い部分をお伝えできるといい」と語った。【山村英樹】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米旅行誌 世界都市ランク 東京が連続首位 京都3位に
  2. JR尼崎駅 泥酔の学生が線路歩く 最大で1時間の遅れ
  3. 衆院選 安倍首相に熱狂 投稿内容は「自己責任」
  4. 女優 笹本玲奈さんが第1子出産 母子ともに健康
  5. 衆院選 フェイスブックが投稿分析 「希望」言及が急減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]