メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

体操をサッカーにする=渡辺守成

 

 来年1月に国際体操連盟(FIG)の会長に就任します。競技実績もなく「縁の下」で働くことを誇りにしてきた私がなぜ表舞台に出ることになったのか。出発点は2006年のアジア体操連合の会長選挙で豊富な資金力で発言力を強めるカタールに日本が敗れたことでした。選手も審判もいなくても会長職につける。スポーツも政治の一環と思い知らされました。このまま終わるわけにはいかず、まずはFIG理事に立候補しました。

 私が理事を務めた4年間で、5期20年務めたグランディ会長が今年限りで退任することになり、体操界は転…

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1030文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです