メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの時から

熊本地震復興へ 西部ガス熊本支社 ガスマンの自負胸に

ガスの開栓作業のために西部ガス熊本支社に集まった作業員ら=2016年4月30日撮影、西部ガス提供

 前震のあった4月14日、西部ガス熊本支社(熊本市)では、就任直後の金井昌道支社長(58)の歓迎会があった。会を終え、金井支社長が翌日の仕事に向け、博多行きの新幹線に乗り込もうとした時だった。JR熊本駅の構内が大きく揺れた。

 金井支社長はすぐ支社へ。ガス供給の復旧作業に、集まった支社員ら約550人と共に徹夜で取り組んだ。幸いにも被害は軽微で、15日午後11時には供給を停止した1123戸を完全復旧。だがほっとしたのはつかの間だった。

 16日未明、金井支社長が支社の保健室でうとうとしていた時、本震が発生した。床が縦横に激しく揺れ、「…

この記事は有料記事です。

残り1452文字(全文1719文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです