メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動くか北方領土

露市場狙う道内企業 農業、寒冷地技術…需要見込む 交流促進、政府合意に期待

 15、16日の日露首脳会談を前に、北海道内では、ロシアとの経済交流に関心が高まっている。ロシア極東は気候も類似し、東京より近い有望市場。住宅や防雪柵など寒冷地技術の需要も高い。人口減少に伴い、市場規模が縮小する中、道内企業は「ビジネス拡大の好機」と首脳会談の行方を注視する。

 札幌市中央区で11月10日、ロシア・サハリン州ユジノサハリンスク市で今月17、18日に開かれる「北海道フェア2016」の事業説明会があり、道内企業の関係者ら約40人が集まった。参加企業の菓子・パン製造販売業「もりもと」(千歳市)の松原範宜専務は「経済交流が進めば、北海道の中小企業にとってビッグビジネスのチャンス」と意気込む。同社は道内で27店舗を展開中で、「将来への種をまきたい」とロシア進出をうかがう。

 道内企業のロシアへの関心が高まっているのは今年5月、安倍晋三首相がロシアのプーチン大統領に8項目の…

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1481文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  3. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  4. プラスチック危機 海流入、50年までに魚の総重量超え?
  5. プラスチック危機 つながる海、牙むくゴミ(その1) クジラの体内から29キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]