メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盗みをやめられない人たち

クレプトマニアの実情/3 患者同士、話し合い 治療で「回復可能」な病気 /青森

院内に掲示されている治療プログラム。「MTM」とは万引き・盗癖者向けのミーティングだ

 群馬県渋川市の赤城高原ホスピタルでは現在、30人ほどの男女がクレプトマニア(窃盗症)の治療を行っている。病棟内には至る所にカメラが設置され、「カメラは貴方を見ています」と書かれた張り紙も。患者は厳しく監視されていた。

 一見、息苦しい環境のようにも思えるが、病院が重視するのは「自主性」という。治療の中心となるミーティングに参加できるのは患者本人だけで、司会進行やテーマ設定などを自分たちで行う。外出も基本的に制限されていない。

 元々はアルコールや薬物の依存症を専門としていた同ホスピタル。クレプトマニアに関わるようになったのは…

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1099文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  2. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  5. NGT48暴行問題会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです