メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米ヤフー

10億人の情報流出 不正侵入か 過去最大規模

 米インターネット大手ヤフーは14日、利用者10億人超の個人情報が流出したと発表した。2013年8月に第三者がシステムに不正侵入し、情報を盗んだという。米メディアによると、過去最大規模の個人情報流出とみられる。米ヤフーは今年9月にも約5億人分の個人情報流出を発表している。

     日本のヤフーは今回発表された米ヤフーの情報流出について「米国とは会社が別法人で、情報を管理しているサーバーも別なので利用者に影響はない」(広報室)と説明している。

     米ヤフーの発表によると、今回流出が明らかになったのは、利用者の氏名やメールアドレス、生年月日、電話番号などの個人情報。パスワードやクレジットカード、銀行口座の情報は盗まれていない模様としている。被害にあった可能性のある利用者には告知を始めており、パスワードの変更のほか、登録情報に異常がないか確認するよう呼びかけている。

     米ヤフーは9月、14年にサイバー攻撃を受け、少なくとも利用者5億人分の個人情報が流出したと発表した。この件は「国家が関与したサイバー攻撃」としていたが、今回の10億人超の流出については「侵入者を特定できていない」としながらも「異なる事案とみられる」としている。

     大規模な情報流出の続発に加え、長期間にわたり発生を確認できなかったことで、米ヤフーは顧客離れが進む恐れがある。【川口雅浩、ワシントン清水憲司】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
    2. サウジ政府 「記者が死亡」公式に認める 18人を拘束
    3. 大相撲 日馬暴力事件 白鵬が聴取に「愛のムチ」発言(スポニチ)
    4. 初公開 長男亡くした悲しみ 中原中也直筆の喪中はがき
    5. 大塚家具 8割引きセールも…経営再建が難航、窮地に 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです