メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図解なるほど

「山・鉾・屋台行事」が無形文化遺産に

無形文化遺産に登録された「山・鉾・屋台行事」

 18府県ふけん33けんまつりからなる「やまほこ屋台行事やたいぎょうじ」が、国連教育科学文化機関こくれんきょういくかがくぶんかきかん(ユネスコ)の無形文化遺産むけいぶんかいさん登録とうろくされました。どのようなまつりで、無形文化遺産むけいぶんかいさんとはどのようなものなのでしょうか。【ぶん竹花周たけはなしゅう

    ポイント

    <1>山車だしかついだりいたりするまつ

    <2>すべてくに重要無形民俗文化財じゅうようむけいみんぞくぶんかざい

    <3>ささえるひとたちのはげみに

    <4>かたちのないものが登録とうろくされる無形文化遺産むけいぶんかいさん

    地域ちいきむすびつきをふかめてきた

     「やまほこ屋台行事やたいぎょうじ」とは、やまほこなどの山車だしかついだり、いたりしてある神社じんじゃまつりのことです。本来ほんらい、ダシとは「しもの」の意味いみで、まつりにまねいた神様かみさまがよりつくもののこと。ひとってまつりばやしをかなで、歌舞伎かぶきなどの芸能げいのうえんじる屋台やたいふくまれます。木工もっこう金工きんこう漆塗うるしぬり、染織せんしょくなどの技術ぎじゅつ駆使くししてはなやかにかざったものがおおく、「うご美術館びじゅつかん」ともわれます。各地域かくちいきでは年間ねんかんつうじての準備じゅんび練習れんしゅうつうじて、世代せだいえた交流こうりゅう対話たいわふかめ、人々ひとびとむすびつける大切たいせつ役割やくわりたしています。

    グループしてあらためて登録とうろく

     各地かくちの「やまほこ屋台行事やたいぎょうじ」のうち、くに重要無形民俗文化財じゅうようむけいみんぞくぶんかざい指定していされているのが18府県ふけんの33けん。これを今回こんかいはまとめて登録とうろくしました。「京都祇園祭きょうとぎおんまつり山鉾行事やまほこぎょうじ」(京都きょうと)と「日立風流物ひたちふりゅうもの」(茨城いばらき)は2009ねんにすでに独立どくりつ遺産いさんとして登録とうろくされていました。11ねんに「秩父祭ちちぶまつり屋台行事やたいぎょうじ神楽かぐら」(埼玉さいたま)と「高山祭たかやままつり屋台行事やたいぎょうじ」(岐阜ぎふ)を登録とうろくしようとしたさい登録とうろくされていたふたつの行事ぎょうじているてん指摘してきされたため、特徴とくちょうた33けん行事ぎょうじをグループとしてひとつの遺産いさんかんがえることにして実現じつげんしました。

    景観けいかんへの配慮はいりょ評価ひょうか

     今回こんかい登録とうろくには、世界せかいみとめられればまつりをささえるひとたちのはげみになるだろうというかんがえもあります。ひとすくなくなったり、どもがったりして、ささえるひとりないという問題もんだいかかえる地域ちいきおおいため、登録とうろく行事ぎょうじつづける手助てだすけになるのではという期待きたいです。大半たいはんまつりは地域ちいき安全あんぜん平和へいわなどをねがってひらかれていて、江戸時代中期えどじだいちゅうきひろがりました。審査しんさでは、地元じもと木材もくざい使つかって用具ようぐ確保かくほし、木材もくざいしたあと景観けいかんこわれないよう配慮はいりょしてきたてんなども評価ひょうかされました。

    世界遺産せかいいさん記憶遺産きおくいさんとはちが

     無形文化遺産むけいぶんかいさんは、ユネスコの「無形文化遺産むけいぶんかいさん保護ほごかんする条約じょうやく」(2003年採択ねんさいたく)にもとづいて登録とうろくされる、芸能げいのう伝統工芸でんとうこうげいなどのかたちらない文化ぶんかです。日本にっぽんではほかに能楽のうがく歌舞伎かぶき和紙わし和食わしょくなどがあり、今回こんかい日本にっぽん無形文化遺産むけいぶんかいさんは21けんとなりました。かたちのあるもののうち、建物たてもの自然しぜんなどは「世界遺産条約せかいいさんじょうやく」(1972年採択ねんさいたく)にもとづいて「世界遺産せかいいさん」に登録とうろくされます。文書ぶんしょ書物しょもつ絵画かいがなどはユネスコが92ねんからはじめた「世界せかい記憶きおく」(世界記憶遺産せかいきおくいさん)として登録とうろくされます。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
    2. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
    3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
    4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
    5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです