メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

■連載「プログラミングって」1の1(2017年1月号より)

イラスト・斉藤恵

★コンピューターを使ったプログラミング教育が学校でスタートする予定です。

    そもそもプログラミングってなに? そんな知識がホントに必要なの?

    そんな疑問をはらすのがこのコーナーです。IT企業のサイボウズのプログラマー、プロさんが教えてくれる連載「プログラミングって?」を中心に、お届けします。

    ▽▽運動会のプログラムとどう違う?

     みんながよく耳にする言葉に運動会のプログラムがあるね。運動会のプログラムには開会式、体操、玉入れなど演目の順番が書かれている。コンピューターのプログラムにも、順番が書かれている。

     でも、それだけではない。「こういう条件の時にはこうしろ」という指示がたくさん書かれている。レトルト食品の箱を思い出してみよう。「鍋で温めるなら2分」「電子レンジならば袋から開けて4分」など実に細かく分けて書かれている。その指示書がプログラム、指示書を作ることがプログラミングなのだ。

    ▽▽コンピューターは命令されて動く

     コンピューターがどう働くのか、その中にこびとがいると想像してみよう。仕事の指示を受けたこびとは、たくさんの指示書がある本棚から、仕事に合った指示書を取り出す。指示書には、「まず……、次に……、こうならば……」などと細かく指示が書かれているため、的確に動き、最後まで仕事を成し遂げられる。

     何をすればいいか命令を出さないと、コンピューターは動けない。こびとたちを上手に働かせること、それがプログラミングなのだ。

     こびとに指示するための専用の言葉は、あとの回で説明するね。

    イラスト・斉藤恵 文・(C)サイボウズ/毎日新聞社 2017

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「オタ芸」訴訟 男性の控訴棄却「鑑賞の仕方はさまざま」
    2. 二階幹事長 「失言は仕事だから」
    3. 桑原武夫蔵書 遺族に無断で1万冊廃棄 京都市が謝罪
    4. 地震動予測地図 関東~四国で高い確率継続…震度6弱以上
    5. 18歳のリスク ローンカード契約 だまされ120万円、即日借金

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]