メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

この国はどこへ行こうとしているのか トランプという嵐 国際ジャーナリスト・堤未果さん

=東京都港区で、北山夏帆撮影

政治を民の元に取り戻せ 地方からのボトムアップしかない

 <トランプ現象はこの国の「病理」ではなく、ゆがめられた国家を元に戻そうとする人々の強い意志を反映する、微(かす)かな「希望」に他ならない>

 国際ジャーナリスト、堤未果さんは、7月に出版した新著「政府はもう嘘をつけない」にそう記した。執筆したのは、民主党の予備選で、ヒラリー・クリントン氏がバーニー・サンダース氏を破った頃だ。この時点で、クリントン氏では共和党のドナルド・トランプ氏に勝てないと確信した。なぜなのか?

 選挙戦中、時間が許す限りさまざまな候補者の集会を見に行った。「オバマ氏の『チェンジ』が幻想に終わっ…

この記事は有料記事です。

残り3202文字(全文3487文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです