メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教訓を伝える

昭和南海地震/1 山へ避難し津波免れ 池田富子さん(82) 浅川村(現海陽町)で被災 /徳島

「つながり」命助ける

 1946(昭和21)年12月21日明け方、浅川村(現在の海陽町)の自宅で強い揺れに襲われ、驚きと恐怖で跳び起きました。当時、私は12歳でした。父はのんびりした性格で「大丈夫だ」と言っていたのですが、隣の家の男性に「まだおるんか。はよ逃げろ!」と大声で叱られ、妹を連れて近くの稲横山(標高213メートル)に慌てて登りました。

 山の中腹からふもとの谷に目をやると、押し寄せた津波に流された何かの明かりが、まるで火を付けた矢のよ…

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文987文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです