メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプト

5月の航空機墜落「爆発物の痕跡」…犯罪捜査

 【カイロ秋山信一】エジプト沖の地中海で今年5月、エジプト航空機が墜落し66人が死亡した事故で、民間航空省は15日、犠牲者の遺体から爆発物の痕跡が見つかったことを明らかにした。当局が犯罪捜査を始めるという。民間航空省は原因については言及していないが、テロの可能性もあるとみられる。

     事故機はパリ発カイロ行きの旅客便で、地中海沖でエジプト領空に入った後に急旋回、急降下した。これまでの調査では墜落前に機内で煙が探知されていたことが判明しており、爆発や電気系統の異常が起きた可能性が指摘されていた。事故直後に当時の民間航空相が「テロ攻撃で墜落させられた可能性が高い」と述べたが、詳しい根拠は明らかにしていなかった。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
    2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
    3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
    4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
    5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです