メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

スルガ銀行杯の開催が正式決定…来年8月に浦和とシャペコエンセが対戦へ

情報提供:サッカーキング

スルガ銀行チャンピオンシップ 2017の開催が発表された
 2008年から続くスルガ銀行チャンピオンシップが、来年8月に埼玉スタジアム2002で開催されることが正式決定した。第10回目となる今大会は、2016 Jリーグ YBC ルヴァンカップを制した浦和レッズとコパ・スダメリカーナ 2016で優勝したシャペコエンセ(ブラジル)が対戦する。

 FIFA クラブワールドカップ ジャパン 2016のため、来日している南米サッカー連盟(CONMEBOL)のアレハンドロ・ドミンゲス会長は、「11月28日の飛行機墜落事故により、偉大な選手たちを失いました。決勝戦で対戦予定だったアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)から、シャペコエンセにタイトルを譲りたいという申し出があり、理事会で正式にシャペコエンセのコパ・スダメリカーナ 2016の優勝が決定しました。そして、そのシャペコエンセが南米サッカー連盟を代表して、2017年のスルガ銀行チャンピオンシップに出場します。サッカーを通じた永遠の絆、文化の交流を今後とも日本と続けていきたい」と語った。

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長は、「シャペコエンセが来日するということで、日本サッカー界として何ができるのか。最大限のサポートができるよう、これから考え実行していきたい思っています。サッカーファミリーとして、日本と南米で素晴らしい友情を育んでいきたい」と話し、友情の印としてアレハンドロ・ドミンゲス会長にネーム入りの日本代表ユニフォームをプレゼントした。

 また、世界中でシャペコエンセへの支援の輪が広がっていることに対し、田嶋会長は「まずは埼玉スタジアムを満員にして、素晴らしい試合になるようにしたい。それを世界中に発信することが、支援につながると思います。具体的にできることは、これから話し合っていきたい」と、コメントしている。

【関連記事】
●シャペコエンセの“再出発日”が決定…来年1月29日に事故以来初の公式戦へ
●シャペコエンセの守護神・ダニーロ、一般投票によるファン選定のMVPを受賞
●甲府退団から3年目…FWポッチケが“開花”、ブラジル全国選手権得点王に
●悲劇のシャペコエンセ、新監督が決定…日本でもプレーのV・マンシーニ氏が就任
●シャペコエンセが新エンブレムを発表…新たに2つの星を追加

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  3. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  4. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです