メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クリックオピニオン

文化庁映画賞の受賞 一観客の苦言への「功労」=森卓也 /愛知

 「--それから、お金は一切出ませんので」「あ、そうですか、わかりました」

 平成28年度文化庁映画賞の贈呈式(10月25日)の前、映画功労部門受賞者9人の一人である私に、文化庁からかかってきた最初の電話のやりとりである。

 いきなりストレートな話みたいだが、「お金」というのは交通・宿泊などの費用のこと。西尾張の農村地帯に生まれ育って今に至った私の場合、出席となれば上京しなければならない。その話をすると、編集者などの知人は異口同音に「実費弁償くらいはしてくれなくちゃ……」。

 まあ、それが普通の反応だろう。私も、他人のことだったら、そんな応答をしたかもしれない--が、むかし…

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1091文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです