メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クリックオピニオン

文化庁映画賞の受賞 一観客の苦言への「功労」=森卓也 /愛知

 「--それから、お金は一切出ませんので」「あ、そうですか、わかりました」

 平成28年度文化庁映画賞の贈呈式(10月25日)の前、映画功労部門受賞者9人の一人である私に、文化庁からかかってきた最初の電話のやりとりである。

 いきなりストレートな話みたいだが、「お金」というのは交通・宿泊などの費用のこと。西尾張の農村地帯に生まれ育って今に至った私の場合、出席となれば上京しなければならない。その話をすると、編集者などの知人は異口同音に「実費弁償くらいはしてくれなくちゃ……」。

 まあ、それが普通の反応だろう。私も、他人のことだったら、そんな応答をしたかもしれない--が、むかし…

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1091文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです