メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教訓を伝える

昭和南海地震/2 津波確信、高台に急ぐ 広浦成俊さん(82) 福井村(現阿南市)で被災 /徳島

逃げ場、常に考えて

 昭和南海地震(1946年12月21日)の当時は暖房器具が普及しておらず、12月の寒さをしのぐため両親と姉、弟と5人で寄り添って、福井村(現在の阿南市)の自宅1階で寝ていました。午前4時半ごろ、地面の底から「どーん」と音が響き、一瞬で目が覚めました。12歳だった私は、とにかく家族とはぐれず津波から高台に逃げることだけを考え、停電で明かりが消えた村の中を走りました。

 当時、地震は珍しくありませんでした。しかし、昭和南海地震が起きた時、子供心に「波が堤防を越えてくる…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文865文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです