メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教訓を伝える

昭和南海地震/2 津波確信、高台に急ぐ 広浦成俊さん(82) 福井村(現阿南市)で被災 /徳島

逃げ場、常に考えて

 昭和南海地震(1946年12月21日)の当時は暖房器具が普及しておらず、12月の寒さをしのぐため両親と姉、弟と5人で寄り添って、福井村(現在の阿南市)の自宅1階で寝ていました。午前4時半ごろ、地面の底から「どーん」と音が響き、一瞬で目が覚めました。12歳だった私は、とにかく家族とはぐれず津波から高台に逃げることだけを考え、停電で明かりが消えた村の中を走りました。

 当時、地震は珍しくありませんでした。しかし、昭和南海地震が起きた時、子供心に「波が堤防を越えてくる…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです