メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

症状の重さに関連する血中代謝物

九州大などの研究チームが発見

 九州大などの研究チームは16日、うつ病の症状の重さに関連する血中代謝物を発見したと発表した。研究成果は同日(現地時間)、米オンライン科学誌に掲載された。症状の重さは、患者の申告に基づいて専門家の面接でその程度を判断しているが、今回の発見で症状の客観的評価法の確立や新薬開発につながることが期待される。

     発見したのは九州大や大阪大、国立精神・神経医療研究センターの共同研究チーム。

     発表によると、九州大病院や大阪大病院、同センター病院を受診した抑うつ症状がある計90人の患者から採血し、うつ病症状の重さと血中代謝物との関係を調べた。その結果、症状の重さによって、血液の中で量が変化する20種類の代謝物を特定した。特に「3-ヒドロキシ酪酸」や「ベタイン」など5種類は3病院のいずれでも強く関連していることが確認された。

     さらに「抑うつ気分」「罪悪感」「自殺念慮」(自殺したい気持ち)など症状別で量が変化する代謝物が異なることも分かった。

     九州大大学院医学研究院の加藤隆弘・特任准教授(精神医学)は今後、大規模な研究での検証が必要とした上で、「うつ病の早期発見や病態メカニズムの解明、新薬開発につながる可能性もある」と話している。【山下俊輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. マルタ 「パナマ文書」報道記者殺害か 運転中に爆弾爆発
    2. 無線LAN 深刻な欠陥 メールを盗み見される危険
    3. ラッカ陥落 最高指導者の所在不明 IS戦闘員は移動
    4. 青森沖・海自ヘリ墜落 「気がついたら機内に海水」
    5. 神戸製鋼不正 「40年以上前から」元社員ら証言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]