メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

更に5羽 コブハクチョウ、半数の22羽死ぬ 千波湖 /茨城

半数のコブハクチョウが死んだ千波湖と注意喚起を促す看板

 県は17日、水戸市千波町の千波湖で、16日夕方から17日午後にかけ、コブハクチョウ2羽の死骸と衰弱個体3羽(保護後に死亡)が回収され、簡易検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。

 今後、遺伝子検査や確定検査を行い、毒性の強さなどを調べる。16日に回収されたコブハクチョウ3羽からは遺伝子検査でH5型の鳥インフルエンザウイルスが検出された。

 県内で、鳥インフルエンザへの感染が確認されたのはオオハクチョウやユリカモメを含め計24羽となり、千…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文638文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. セクハラ 「早大の渡部直己教授から」元女性院生申し立て
  3. 竜王戦 藤井七段、都成五段に勝つ 決勝T1回戦
  4. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  5. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]