メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

高知の元教諭、真相を追う(その2止) ビキニ被ばくの闇

ビキニ環礁付近での水爆実験で被ばくした谷脇寿和さん(左)から話を聞く山下正寿さん(中央)ら=高知県土佐清水市で、三村政司撮影

 

 ◆第五福竜丸以外に延べ992隻被災

元船員、次々倒れる

 「新生丸の吉村義見さんは、脳腫瘍により45歳で死亡。松村正義さんは喉頭がんで家の窓から大量の血を吐き、61歳で死亡。証言者の吉村勲さんは肝臓がんで58歳で死亡--」

 7月1日、高知地裁で開かれたビキニ事件を巡る国家賠償請求訴訟の第1回口頭弁論。静まりかえった205号法廷に、陳述書を読み上げる山下正寿さん(71)の低い声が淡々と響いた。

この記事は有料記事です。

残り4957文字(全文5155文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も
  5. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです