メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

高知の元教諭、真相を追う(その2止) ビキニ被ばくの闇

ビキニ環礁付近での水爆実験で被ばくした谷脇寿和さん(左)から話を聞く山下正寿さん(中央)ら=高知県土佐清水市で、三村政司撮影

 

 ◆第五福竜丸以外に延べ992隻被災

元船員、次々倒れる

 「新生丸の吉村義見さんは、脳腫瘍により45歳で死亡。松村正義さんは喉頭がんで家の窓から大量の血を吐き、61歳で死亡。証言者の吉村勲さんは肝臓がんで58歳で死亡--」

 7月1日、高知地裁で開かれたビキニ事件を巡る国家賠償請求訴訟の第1回口頭弁論。静まりかえった205号法廷に、陳述書を読み上げる山下正寿さん(71)の低い声が淡々と響いた。

この記事は有料記事です。

残り4957文字(全文5155文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです