メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初
余録

古里の方言が懐かしくなるころかもしれない…

 古里の方言が懐かしくなるころかもしれない。年末年始に久しぶりに帰省する人も多い。岩手県から上京した石川啄木(いしかわたくぼく)が古里なまりを聞きたいと駅に行く。その気持ちは地方出身者にはよく分かる。JR上野駅のホームには、かの有名な歌の碑がある。<ふるさとの訛(なまり)なつかし停車場の……>▲明治以降、政府は国の近代化を目指し、共通語の普及に力を入れた。一方、学校で方言の使用を禁じられた地方もあり、お国言葉の衰退を招く。沖縄では方言を使うと罰として「方言札」と書かれた板切れを首にかけられた▲国連教育科学文化機関(ユネスコ)は消滅の危機にある言語を公表している。世界の言語約6000のうち約2500に上る。日本ではアイヌ語、八重山(やえやま)語、与那国(よなぐに)語、奄美(あまみ)語などだ▲アフリカのケニアは英語とスワヒリ語が公用語だ。教育現場でもこの二つの言語を中心に使う。少数部族の言葉は廃れていく。部族間の交流が進んで共通語の使用が増えたことも影響しているようだ▲悲観する材料ばかりではない。NHKドラマ「あまちゃん」の影響もあるのか、若者の間で方言がよく使われているらしい。仲間意識や自分のよりどころを確かめる意味もあるのだろうか。東日本大震災で被災者は「がんばっぺし」の言葉に励まされた。方言は懐かしいだけでなく、心を動かす力がある▲方言で話すのが恥ずかしく、ためらうことがある。けれど忘れてしまうのは寂しい。<ふるさとの訛りなくせし友といてモカ珈琲(コーヒー)はかくまでにがし>。啄木と同じ東北生まれの劇作家・歌人の寺山修司(てらやましゅうじ)の作品だ。彼は生涯、なまりが抜けなかった。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
    2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
    3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
    5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです