メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプショック

私はこう見る EUの影響力低下も オーストリア・フランスセンター研究員 フローレント・マルシャック氏

オーストリア・フランスセンター研究員(東欧政治) フローレント・マルシャック氏

 東欧諸国は、トランプ次期米大統領を歓迎する国と恐れる国に二分される。前者は権威主義的な政権か、または、難民らの流入に反対する国々だ。

 例えばセルビア政府はトランプ氏を歓迎する。現政権は独裁志向があり、メディアの自由や人権を重視しないが、トランプ氏がそのことで介入する可能性は低そうだからだ。米露関係を改善しようとしている点もロシアの影響力が強い東欧では好印象だ。

 また、強硬な不法移民対策を主張するトランプ氏は、難民らの受け入れを拒否するハンガリー、スロバキアと…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文636文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クローズアップ2018 加計、幕引き遠く 柳瀬氏招致
  2. サッカー ハリル氏、協会提訴へ 名誉回復求め
  3. 弁護士 大量「懲戒請求」返り討ち 賠償請求や刑事告訴も
  4. 社説 柳瀬元秘書官の国会招致 「首相案件」の心証強めた
  5. サッカー ハリル氏、協会提訴へ 代表監督解任 名誉回復求め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]