メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨石

サル?トリ年のカレンダーに 温泉の話題 相模原

道志川で瞑想しているように見えるサル岩=青根振興協議会提供

 相模原市緑区青根にある市施設「いやしの湯・青根緑の休暇村センター」近くの道志川にある「サルの顔に似た巨石」が温泉利用者の話題になっている。施設を管理する一般社団法人「青根振興協議会」の天野真一理事長は「いやしの湯利用者に感謝し、申(さる)年のクリスマスプレゼントにしたい」と話している。

 サル岩は高さ約3.5メートル、横約4メートルのおむすび形。いやしの湯のすぐ下流で、清流が岩の間をぬって流れる川の中央付近にある。対岸のキャンプ場に架かる橋から眺めると、サルが斜め上を向き、目を閉じて瞑想(めいそう)しているように見える。

 地元の風景や催事を撮り続ける写真愛好家の天野暁子さんが2年前に見つけたという。天野さんは毎年、お気に入りの写真でカレンダーを制作。サル岩の写真を載せた来年のカレンダーを知人らに配布したところ、評判になった。【高橋和夫】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです