メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日大東北高

相撲部を無期限休部 全校集会で校長謝罪

顧問による暴力行為が繰り返されていた相撲道場=福島県郡山市の日大東北高校で2016年12月18日、宮崎稔樹撮影

 日本大学東北高校(福島県郡山市)相撲部で顧問を務める20代の男性教員らがハンマーなどを使って部員に暴力行為を繰り返していた問題で、同校は19日、部活動の継続が困難として、相撲部を無期限の休部にした。一方、同校が県の通知に反し、男性教員らの暴力行為について報告を怠っていたことも分かった。

 同校によると、松井弘之校長が朝、校長室に相撲部員を集め、休部を伝えた。顧問は19日から自宅謹慎中で、部員は3人在籍している。

 暴力行為の未報告については、県によると、2012年に大阪市立桜宮高校バスケットボール部の男子生徒が、顧問からの体罰を苦に自殺した事件を受け、文部科学省が13年に体罰禁止の徹底などを求める通知を各都道府県に出している。県は同年8月、県内の私立小中高校に、体罰の概要▽学校の処置▽今後の対応--を報告するよう求めていたが、日大東北高は今年7月、男性教員が部員に暴行し、けがをさせたことを把握したにもかかわらず、県に報告していなかった。

 県私学・法人課の岡崎拓哉課長は、体罰との認識を示し「事案の性質からして、報告すべき事案だ」と話す一方、松井校長は「この段階で必要ないと判断した」と釈明している。

 同校では19日朝、全校集会が開かれ、松井校長は生徒約1400人に経緯を説明したうえで「皆さんに迷惑を掛けて申し訳ない。学校全体で暴力への対策をとっていきたい」と謝罪した。今後、保護者説明会も開く方針。3年生の男子生徒(18)は登校時、「本当にひどいなと思います」と憤っていた。【土江洋範、宮崎稔樹】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 B・V・ベイダー氏 63歳・プロレスラー
  2. サッカー日本代表 補欠の浅野が離脱 経験者の香川が激励
  3. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  5. アメフット 日大の早期復帰求める 宮川選手が要望書提出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]