メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぬいぐるみ病院

“治”します 豊中の「病院」全国から依頼続々 入院時に問診票、経過を写真報告 /大阪

スタッフの手によって「治療」されるぬいぐるみ=大阪府豊中市庄内幸町1のぬいぐるみ病院で、竹内梓撮影

 鼻が取れたり、布がはげてきたぬいぐるみを元通りに--。豊中市庄内幸町1の「ぬいぐるみ健康法人もふもふ会ぬいぐるみ病院」が人気だ。「ぬいぐるみはモノではなく、持ち主の家族の一員」として迎え入れることで信頼を高めており、全国から舞い込む依頼の数は月1000件を超える。今月22日には病院のホームページを一新させる予定で、「治療できなかった重病患者」にも対応できるようにスタッフの技術を向上させた。【竹内梓】

 利用者はメールなどで予約して「問診票」に現状や要望を記入、郵送または持ち込みで病院へ。1~3週間の…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文672文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]