メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイル.com

<90>中東に涼を運ぶザクロ

イラク北部ドホークで、レストランの卓上に置かれたザクロソース。イラクやシリアでは、サラダにかけて食べる定番の調味料だ=2014年8月13日、秋山信一撮影

 シリアではザクロの生産が盛んだ。農業省によると、2015年の生産量は4万5000トン。内戦の影響で12年の8万トンから大幅に減ったが、夏から秋に市民に爽やかな味を運び、暑さを忘れさせてくれる。特に果汁を煮詰めたザクロのシロップやソースは、サラダや肉料理、サンドイッチの風味付けに欠かせない。

 ザクロの起源には諸説あるが、イランやイラク付近の原産だという説がある。独特の酸味があり、中東や北アフリカ、南欧などで親しまれている。シリアでは8月に果実が熟れ出し、9~10月に収穫期を迎える。数千トンを輸出していた時…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文638文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです