メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイル.com

<90>中東に涼を運ぶザクロ

イラク北部ドホークで、レストランの卓上に置かれたザクロソース。イラクやシリアでは、サラダにかけて食べる定番の調味料だ=2014年8月13日、秋山信一撮影

 シリアではザクロの生産が盛んだ。農業省によると、2015年の生産量は4万5000トン。内戦の影響で12年の8万トンから大幅に減ったが、夏から秋に市民に爽やかな味を運び、暑さを忘れさせてくれる。特に果汁を煮詰めたザクロのシロップやソースは、サラダや肉料理、サンドイッチの風味付けに欠かせない。

 ザクロの起源には諸説あるが、イランやイラク付近の原産だという説がある。独特の酸味があり、中東や北アフリカ、南欧などで親しまれている。シリアでは8月に果実が熟れ出し、9~10月に収穫期を迎える。数千トンを輸出していた時…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文638文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  2. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  3. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです