メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ

ロシア大使が銃撃受け死亡 展覧会で

ロシアの駐トルコ大使を銃撃した男=AP

 【エルサレム支局】トルコの首都アンカラで19日、ロシアの駐トルコ大使が銃撃を受け、病院に搬送された。ロシア当局によると大使は死亡した。地元テレビ局によると、展覧会の会場を訪れた際に銃撃されたといい、ほかにも数人が負傷した。

 AFP通信は、銃撃犯が「アレッポ」「報復」と叫んだとの目撃者の証言を伝えている。

 シリア北部の主要都市アレッポは、ロシアが後ろ盾となっているアサド政権側が12日までにほぼ全域を制圧したばかり。トルコはアサド政権と対立するシリアの反体制派を支援してきた経緯がある。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
  2. 国民民主 岡田氏は不参加 衆院野党、第1党は困難
  3. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  4. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
  5. 和歌山水難偽装 「警察に怪しまれている」容疑者、上司に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]