メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史の鍵穴

酒に弱い人の遺伝子 中国南部から伝来か=専門編集委員・佐々木泰造

 酒を飲むと、少しの量でも、顔が赤くなったり、頭が痛くなったりする人は、日本では珍しくないが、アフリカ系やヨーロッパ系の人にはいないとされる。太田博樹・北里大学准教授(人類集団遺伝学・分子進化学)のグループは、東アジアに特有の下戸の遺伝子のルーツを探っている。

 酒に含まれるエタノール(エチルアルコール)は、アルコール脱水素酵素(ADH)によってアセトアルデヒド(刺激臭のある液体)に分解される。アセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって酢酸に分解される。酢酸は二酸化炭素と水になって体外に排出される。

 エタノールと酢酸は大した毒ではないが、アセトアルデヒドは強毒だ。酒を飲んで、顔が赤くなったり、頭が…

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1523文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  3. 資産家急死 飼い犬死骸を捜索 覚醒剤成分有無を調査へ
  4. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]