メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史の鍵穴

酒に弱い人の遺伝子 中国南部から伝来か=専門編集委員・佐々木泰造

 酒を飲むと、少しの量でも、顔が赤くなったり、頭が痛くなったりする人は、日本では珍しくないが、アフリカ系やヨーロッパ系の人にはいないとされる。太田博樹・北里大学准教授(人類集団遺伝学・分子進化学)のグループは、東アジアに特有の下戸の遺伝子のルーツを探っている。

 酒に含まれるエタノール(エチルアルコール)は、アルコール脱水素酵素(ADH)によってアセトアルデヒド(刺激臭のある液体)に分解される。アセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって酢酸に分解される。酢酸は二酸化炭素と水になって体外に排出される。

 エタノールと酢酸は大した毒ではないが、アセトアルデヒドは強毒だ。酒を飲んで、顔が赤くなったり、頭が…

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1523文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ
  4. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  5. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです