メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

日本で初めてクリスマスツリーを飾ったのは…

 日本で初めてクリスマスツリーを飾ったのはプロイセン公使オイレンブルクで、1860年のことだった。植木屋で仕入れた天井まで届くほどの木に、オレンジや梨、華やかな紙の装飾、精巧な砂糖菓子やロウソクを飾ったのだった▲クリスマスツリーはドイツから世界に広まり、プロイセンの首都ベルリンではすでに19世紀初めに飾られていた。そのツリーの飾りやお菓子などを売るクリスマス市(いち)もニュルンベルクやベルリンなど各地の名物となってきた(若(わか)林(ばやし)ひとみ著「クリスマスの文化史」)▲今は市内にいくつものクリスマス市が立つというベルリンだが、その中心部の教会広場前での惨事だった。立ち並ぶ露店に大型トラックが突っ込み、死者12人、負傷者多数が出たというのだ。犯行に使われた大型トラックは盗難車らしく、同乗の男性は死亡していた▲こう聞けば誰しも今夏、仏ニースで花火見物の群衆にトラックが突っ込んだテロを思い出す。「意図的攻撃をうかがわせる」とは独内相で、テロの可能性が大きい。とすれば、クリスマスで華やぐ人々のにぎわいも犯人には「ソフトターゲット」に過ぎなかったのか▲犯人をめぐる情報は錯綜(さくそう)しているが、もし難民がからんでいれば、メルケル首相の難民受け入れに反発する独国内の世論を勢いづけよう。およそテロが恐怖によって人の心の支配を狙うものならば、もたらされる独社会の分裂と混乱はその注文通りということになる▲夜の一番長い季節、人を思いやる優しさを呼び起こすクリスマスだ。どんな理不尽(りふじん)な悪意にもたじろがないで過ごす聖夜も「テロとの戦い」となった今日である。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
    2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
    3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
    4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
    5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです