メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安心のかたち

成年後見、人材養成が鍵 地域の取り組みに温度差

品川成年後見センターで社協職員と情報交換する市民後見人の横地明宏さん(左)=有田浩子撮影

 2000年の介護保険制度のスタートと同時に創設された成年後見制度は、サービス提供と権利擁護で高齢者を支える両輪とされたが、財産管理が重視され、本人がメリットを実感しにくいこともあり、利用が広がらなかった。利用促進に向けた基本計画が策定されることによって、制度が必要な人を早期にみつけ、地域で支えることが期待される。一方、後見人の人材確保や不正の防止など課題もある。【有田浩子、山田泰蔵】

 政府の有識者委員会が20日まとめた計画原案では、成年後見制度の利用を促すために市区町村が中心となり…

この記事は有料記事です。

残り2037文字(全文2282文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  3. 仏国鉄スト 国民、生活の不便さ許容 「闘争」見守る
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]