メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

俺たちの花園

全国高校ラグビー/5止 山沢拓也=パナソニック・SO(22歳、埼玉・深谷高出身)

2011年度、3回戦の国学院栃木戦で相手を軽快にかわしてトライを決めた当時2年生の山沢=望月亮一撮影

高かった8強の壁

 3年生最後の試合は伏見工(京都)との3回戦でした。終盤に自分がゴールキックを決めて逆転し、1点リードしました。でもリスタートからトライされ、19-23で敗戦。最後まで気を抜けない花園を体感したことが印象に残っています。

 3回戦では1年の時に大差負け、2年は5点差、3年は4点差で敗れました。最後の年は深谷がずっと目標にしていたベスト8が目の前にあり、どんどん近づきながら、壁を越えられなかった。

 もっとラグビーを知っていれば大事な試合の中での組み立て方を工夫できたかもしれません。ただ、全国の強…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 人事 高崎市 /群馬
  3. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 質問なるほドリ オルソケラトロジーって? コンタクトを夜間装用 手術なく視力矯正=回答・林奈緒美

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです