メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

俺たちの花園

全国高校ラグビー/5止 山沢拓也=パナソニック・SO(22歳、埼玉・深谷高出身)

2011年度、3回戦の国学院栃木戦で相手を軽快にかわしてトライを決めた当時2年生の山沢=望月亮一撮影

高かった8強の壁

 3年生最後の試合は伏見工(京都)との3回戦でした。終盤に自分がゴールキックを決めて逆転し、1点リードしました。でもリスタートからトライされ、19-23で敗戦。最後まで気を抜けない花園を体感したことが印象に残っています。

 3回戦では1年の時に大差負け、2年は5点差、3年は4点差で敗れました。最後の年は深谷がずっと目標にしていたベスト8が目の前にあり、どんどん近づきながら、壁を越えられなかった。

 もっとラグビーを知っていれば大事な試合の中での組み立て方を工夫できたかもしれません。ただ、全国の強…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文552文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです