メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イプシロン2号機

打ち上げ成功 3年3カ月ぶり

小型衛星を搭載し打ち上げられるイプシロンロケット2号機=鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所で2016年12月20日午後8時、矢頭智剛撮影

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は20日午後8時、鹿児島県肝付(きもつき)町の内之浦宇宙空間観測所から国産の新型固体燃料ロケット「イプシロン」2号機を打ち上げた。約13分後、小型衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功した。イプシロンの打ち上げは2013年9月の1号機以来3年3カ月ぶり。

 イプシロンは、小惑星探査機「はやぶさ」などを打ち上げ06年に引退した「M5」の後継機。国産主力ロケット「H2A」の技術も採用し、人工知能による自動点検で作業期間を大幅短縮するなどして低コスト化された。

 2号機は全長がH2Aの約半分の26メートル、直径2.6メートル、重さ95.4トンの3段式。途上国を中心にした小型衛星打ち上げ需要に対応して衛星格納スペースを広げ、2段目の燃料を増やし打ち上げ能力を1号機の約1.3倍にした。打ち上げ費用は約50億円。地球を取り巻く強い放射線帯の実態解明を目指す日本の探査衛星「ERG(エルグ)」を搭載した。

 打ち上げ成功後、JAXAはERGの愛称を肝付町の川の名前などにちなみ「あらせ」と決定。奥村直樹理事長は記者会見で「(2号機成功は)商用ロケットへの第一歩。更に信頼性を高め、マーケットを開拓していきたい」と述べ、小型衛星打ち上げビジネス参入への意欲を示した。【田中韻】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草津白根山噴火 気象庁ノーマーク まさに寝耳に水… 
  2. 訃報 スピードスケートの住吉都さんが死去 ソチ五輪代表
  3. WEB CARTOP ドライバーはココが気になる! 同乗者にやめてほしい行為7選
  4. 大雪 乗らなきゃよかった首都高 山手トンネルで立ち往生
  5. ORICON NEWS 木村佳乃、人生初の剃髪姿で『相棒』2年ぶり再登場「三蔵法師みたいでおもしろい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]