メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英会話教室

過労自殺認め、女性講師側と調停成立 大阪

 大手英会話教室の新人講師だった女性(当時22歳)が2011年に自殺したのは、長時間の「持ち帰り残業」による過労が原因だとして、大阪府内の両親が運営会社「アミティー」(岡山市)に約9100万円の損害賠償を求めた訴訟は20日、大阪地裁(山地修裁判長)で調停が成立した。会社側が過労自殺を認めて解決金4300万円を支払うほか、再発防止策も約束した。

 訴状によると、女性は11年3月に入社後、金沢市の教室に配属された。5月にうつ病を発症し翌月、自宅マ…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文492文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. ORICON NEWS ZOZO前澤社長「お騒がせ」な一年に平謝り 剛力彩芽と交際、月周回計画など

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです