メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演芸よろず根多帳

上方落語四天王の至芸がDVD集に

 「上方として守っていきたいものがある。東京ではこの味は出されへんやろというのを感じていただければ」

 戦後滅びかけた上方落語を隆盛へと導いた六代目笑福亭松鶴、三代目桂米朝、三代目桂春団治、五代目桂文枝の至芸を収録したDVD集「落語研究会 上方落語四天王」(ソニー・ミュージックダイレクト)。発売の意義を、米朝の長男、桂米団治=写真左端=はそう口にした。11月22日には、大阪・国立文楽劇場で追善落語会が開かれ、米団治のほか鶴光=同左から2人目、福団治=同右端、六代目文枝=同右から2人目=という…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文619文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです