メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法違憲訴訟

「戦争許せない」 原告側意見陳述 地裁 /広島

 集団的自衛権を認めた安全保障関連法は憲法違反だとして、県内の被爆者ら165人が国に1人当たり10万円の損害賠償などを求めた集団訴訟の第1回口頭弁論が21日、広島地裁(小西洋裁判長)であった。原告の杉林晴行共同代表(76)ら3人が「戦争被害を誰にも経験させてはいけない」と意見陳述し、国側は争う姿勢を…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文341文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです