メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法違憲訴訟

「戦争許せない」 原告側意見陳述 地裁 /広島

 集団的自衛権を認めた安全保障関連法は憲法違反だとして、県内の被爆者ら165人が国に1人当たり10万円の損害賠償などを求めた集団訴訟の第1回口頭弁論が21日、広島地裁(小西洋裁判長)であった。原告の杉林晴行共同代表(76)ら3人が「戦争被害を誰にも経験させてはいけない」と意見陳述し、国側は争う姿勢を…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文341文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  2. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 西日本豪雨 「ママ、寒いよ」土石流5歳児の夢奪う 広島
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]