メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法違憲訴訟

「戦争許せない」 原告側意見陳述 地裁 /広島

 集団的自衛権を認めた安全保障関連法は憲法違反だとして、県内の被爆者ら165人が国に1人当たり10万円の損害賠償などを求めた集団訴訟の第1回口頭弁論が21日、広島地裁(小西洋裁判長)であった。原告の杉林晴行共同代表(76)ら3人が「戦争被害を誰にも経験させてはいけない」と意見陳述し、国側は争う姿勢を…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文341文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです