メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

感染防止でタンチョウの活魚の給餌中止

餌のウグイを狙うために急降下したオジロワシ(右)を威嚇するタンチョウ=北海道釧路市阿寒町の阿寒国際ツルセンターで2012年1月、平田明浩撮影

 鳥インフルエンザの感染防止を図ろうと、北海道釧路市は21日、冬季に行っている国の特別天然記念物タンチョウの給餌で、当面は活魚(ウグイ)を与えないと決めた。活魚を狙うオオワシやオジロワシが飛来し、タンチョウと取り合っていることから、感染リスクがあると判断した。デントコーンの給餌は従来通り実施する。

 環境省が給餌している釧路市の阿寒国際ツルセンター、鶴居村…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. がん・ステージ4からの眺め 食べて寝るだけで貴い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです