メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

カマイシ、中国電の顔に 世羅で活躍

全日本実業団対抗選手権の男子5000メートル決勝で力走する中国電力のカマイシ=幾島健太郎撮影

 昨年の全国高校駅伝男子を驚異的な大会新記録で優勝した広島・世羅高のエースだったケニア出身のポール・カマイシが今季から中国電力(広島)に入社し、来年元日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)にエントリーされた。油谷繁、尾方剛、佐藤敦之ら五輪、世界選手権の男子マラソン代表を輩出した名門チームで外国出身選手の加入は初めて。20歳の有望株は「ターゲットは区間賞。チームを優勝させたい」と意気込む。

 11月13日の中国実業団駅伝。2区(7.2キロ)で首位と11秒差の2位でたすきを受けると、長い脚で…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文721文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
  2. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  3. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は短距離離陸型F35B
  4. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  5. 面前DV判決 元少年に必要なのは…重い刑罰か治療か 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです