メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

カマイシ、中国電の顔に 世羅で活躍

全日本実業団対抗選手権の男子5000メートル決勝で力走する中国電力のカマイシ=幾島健太郎撮影

 昨年の全国高校駅伝男子を驚異的な大会新記録で優勝した広島・世羅高のエースだったケニア出身のポール・カマイシが今季から中国電力(広島)に入社し、来年元日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)にエントリーされた。油谷繁、尾方剛、佐藤敦之ら五輪、世界選手権の男子マラソン代表を輩出した名門チームで外国出身選手の加入は初めて。20歳の有望株は「ターゲットは区間賞。チームを優勝させたい」と意気込む。

 11月13日の中国実業団駅伝。2区(7.2キロ)で首位と11秒差の2位でたすきを受けると、長い脚で…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです