メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独テロ

市民ら、犠牲の12人悼む 凶行再発に警戒

トラックによる襲撃事件の犠牲者を追悼し、独国旗の色にライトアップされたブランデンブルク門=ベルリンで2016年12月20日、中西啓介撮影

 【ベルリン中西啓介】ベルリンで起きたトラックによる無差別襲撃事件で21日、容疑者としてチュニジア人の男が急浮上した。犠牲となった12人を悼む思いがドイツ国内を覆っているが、テロ再発の懸念はぬぐえず、市民の間では不安も広がっている。

 犠牲者を追悼するため、ベルリンの象徴ブランデンブルク門が20日夜、黒赤金のドイツ国旗の色にライトアップされた。訪れた人たちはろうそくをともすなどして、哀悼の気持ちを表していた。

 ブランデンブルク門は「ベルリンの壁」のすぐそばにあったことから東西ドイツの分断と、統一ドイツの団結…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文658文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです