メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石川・能登半島

「農家民宿」に年間1万人超 集落に光

 石川県・能登半島の山あいに、住民たちによる農家民宿群がある。半径数キロの範囲に47軒が点在する「春蘭(しゅんらん)の里」だ。地域の生き残りをかけて始めた取り組みは来年、20年を迎える。地元食材を使った郷土料理や伝統文化の体験など地域資源を生かしたもてなしが評判を呼び、訪問者は年間1万人を超えるまでになった。過疎化は容赦なく進むが、後に続く若者も少しずつ集まり始めている。

 浴衣姿の家族が、輪島塗の漆器に盛りつけられた郷土料理に舌鼓を打っていた。赤い炎が揺れる目の前の囲炉…

この記事は有料記事です。

残り2421文字(全文2658文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです